肌トラブルに合わせて選べるオールインワンジェル

着色料など余計な成分が入っていない無添加の基礎化粧品のメリットは、人工成分によるお肌のトラブルのリスクがない点にあります。
お肌はとても敏感で、その日の体調や気温でも微妙に状態が変わります。普段は何ともなくてもその日の状態で、人工の成分が自然の皮膚と相性が悪くなってしまう事があるのです。
特に敏感肌の方の場合は化粧水など単品で使う事によって肌摩擦もそれだけ増えます。その点オールインワンジェルであれば、1回使うだけで済むので顔への刺激もそれだけ少なく済むのが魅力です。

無添加の商品には「青じゅる」のように植物成分やミネラル成分がたっぷりと使われているものが多く、お肌に馴染んでスーッと浸透していく感覚が特徴です。
特に青じゅるの場合は天然の草加エキスを豊富に配合。他にもEGFなどの成分も入っているので、保湿や加齢対策にも効果的です。
他にも口コミサイトに掲載されていてよさそうだったメディプラスゲル。こちらのジェルは肌に優しく使える事にこだわって作られたオールインワンだそう。
界面活性剤などは入っていないのはもちろんですが、この商品を作った人自体が敏感肌だったという事もあって症状の悩みについてよく考えて作られていますね。

アンチエイジングには天然ローズ

私は三十路を過ぎてから急にお肌の調子がどうもいまいちで、なんだか見るからに老化しているなぁと悩んでいました。鏡を見る度にがっかり、同年代の友人に会う度に何でこうも違うのか!?と落ち込むこともしばしば。顔の毛穴は緩み、常に開きっぱなし、ファンデーションを塗ると毛穴に粉が落ちて余計に目立ってしまい、かえってスッピンの方がまだマシなくらい。

ファンデの乗りも悪くてムラができまくり、ほうれい線はくっきりしてきたし、どうにもこうにも打つ手がないと思っていたとき、天然ローズがアンチエンジングに効くという情報を得たのです。もちろん、人工のローズでは全く効果がありません。本物の天然ローズエッセンシャルオイルはものすごく高価だけれど、それだけ貴重な代物だそうです。

私はネットでいろいろ探して、これだ!っと思えるスキンケア用品に出合いました。天然ローズで作られたローズホホバオイルとローズウォーターです。とってもいい香りがして、このバラの匂いだけで癒されるのが分かります。嗅覚は脳にダイレクトに働きかけるので、バラの匂いを嗅ぐことで脳を刺激して心身にも働きかけるのだそうです。そのバラの驚くべき効果は多岐に渡りますが、お肌の調子だけでなく、抗菌や自律神経、体臭を抑え、ホルモンバランスを整えるなどと言われています。

ローズの本当によい香りに包まれて自然とリラックスし、身も心も開放されるような心地よい気分になるので、ローズがストレスや不眠、うつ病などに効果があるというのも納得です。これらのスキンケア用品を使い続けた結果、シミやくすみが薄くなり、シワも目立たなくなり毛穴がいくらか引き締まったように思います。何より顔全体がワントーン明るくなったような気がするのです。自然の力って素晴らしいなと実感しているところです。

産後の顔のくすみには炭酸パックが良かった

出産するまでは、正直言うと肌は綺麗な方だったと思います。独身の頃だけでなく出産ギリギリまでは、肌綺麗だね~なんて褒められていた位でした。しかし、産後は体調も悪く、体力的にもしんどいのが続きました。なかなか自分の事に構えず、スキンケアもほとんどしていませんでした。

ようやく落ち着いてきた頃に、じっくり自分の肌を見ると、くすみがとにかく目立っていました。あれ?私って色黒だったっけ?と思うほどに、顔全体が暗い印象でした。くすみだから美白ではないだろうし、どうすれば良いの?という時にネットで見た炭酸パックを使いました。驚いたのは使って一回目で自分で分かる位に効果があった事です。

お風呂でリラックスしながらパックをしたのですが、顔の皮膚までリラックスしたような感じで、引き締まったけど緩んで柔らかくなっていました。ワントーン上がったまではいきませんが、確かにくすみは半減していたのです。これは凄い!と思い、毎日使いたかったのですが、ちょっと値が張るので週一回のケアとして活用する事にしました。

使っているのは主人も知っていましたが、炭酸パック8回目にして初めて「何か今日の顔色良いね!」と言ってくれました。大袈裟かもしれませんが、皮が一枚めくれて新しい肌が出てきた感じで、くすみが無くなったと実感してからは、明らかにメイクのりも良くなりました。下手なスキンケアよりも、肌に効果があるかもしれないと感じるほどでした。

ニキビ肌にハトムギ化粧水。洗いすぎるのをやめました

中学生の頃からニキビができやすくて、いろいろ試してみては乾燥肌になってしまったり、かえってアブラっぽくなってしまったりしていました。少し前までは馬油を試していて調子がよかったのですが、独特のにおいや枕に染みがつくのが気になっていました。

しかし先日、Twitterのフォロワーさんが「ハトムギ化粧水にニベア青缶は鉄壁だよ」と教えてくれたので、モノは試しと買ってみました。朝は水で洗うだけで軽く水気をふき取った後にハトムギ化粧水をはたき、ニベア青缶で保湿します。その結果、体質に合っていたのか今のところ本当にニキビができていません。

今ではお風呂での洗顔(純石鹸。フェイスブラシは使わずに手でもあまりごしごしせず、あくまで汚れを落とす程度)の後にハトムギ化粧水をはたいて化粧用のオリーブオイルをすこしつけ、最後にニベア青缶でパックするようにしています。長年苦しんできたニキビとの戦いに勝てたのが嬉しくて友人にも勧めてみたところ、以前よりも肌のきめが細かくなって化粧ノリが良くなったと喜んでくれました。

スキンケアについては万人共通の答えがとても探しにくい分野だと思います。このケアについても合う合わないがあるかとは思いますが、ぜひ一度試してみてください。体に合いさえすればお手入れはこんなに簡単なことでいいんだと視界が開けた気持ちになれました。

知ってますか?ほうれい線の原因

ほうれい線が目立って気になるという女性の方も少なくないかと思います。
ですが実際「どの部分を差して、どんなものなの?」と聞かれると、身振り手振りで「このあたり」と答える方も多く、言葉でしっかりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。
鼻から唇の端にかけてある2本の線の事を言いますが、以前、友達に「ほうれい線ってどんなイメージがある?」と聞いてみたところ、「おばあちゃん」「嫌なシワ」などという答えが返ってきました。

確かに高齢の方に多くみられますよね。
また、ほうれい線=シワと表現されることが多いためか、若い人には嫌なイメージがついてしまっているようです。
ですが高齢の方だからあるものというわけではないのです。実は若い頃から、いやむしろ赤ちゃんの頃からあるのです。
若い頃や赤ちゃんの頃は肌が明るくピチピチであるがために目立っていないだけです。
これが歳を重ねるにつれて肌のハリがなくなり、元気がなくなっていき目立ってくるのです。
ただ、ほうれい線は予防や対策によってはケアしていくことも可能です。いつまでも日常の肌のケアを怠らないようにしましょう。

美容と健康のためのお水

私は10代の頃から美容に関心を深く持ち始め、今まで様々なサプリメントや美容方法を試してきました。

今や雑誌やテレビなどを見てもたくさんのサプリメントや美容方法が世の中に溢れかえっていますが、原点に帰ると一番大事なものは「お水」だということが分かりました。

それもそのはずです。なぜならば、人間の体の半分以上が水で出来ているからです。

どんなに高価なアプロ―チを掛けても、外側だけでは効果が発揮されないのです。体の基礎から変えてこそ美しくなれるものだと気が付いた私は、とにかく水にこだわりました。

普段の飲み物もジュースなどの清涼飲料水から天然水に変え、普段の料理に使う水も水道水ではなく、アルカリイオンの水や富士山の天然水を使うようになりました。

お水をこだわりだしてから半年が経ちますが、今ではファンデーションも薄付けで良いくらいの肌がきめ細やかな陶器肌に近付いてきています。
肌だけでなく、クセの強かった髪もウソのようにまとまりのある艶髪になってきました。

たったこれだけの方法でも劇的な効果を実感できたので、セレブや女性芸能人など美にこだわる沢山の方がお水にこだわる理由も分かったような気がしました。

もちろん、サプリメントの力も時々借りることもあっていいと思います。ただ、体内の毒素を出し、常に綺麗な水を体に取り入れることが何よりの美容方法だと思います。

コラーゲンの効果を実感しました

私は基本的にサプリメントやこの種のゼリーをバカにする様な性格でした。「そんな人工的な物を食べるよりは食生活に注意した方がマシ」と言う考え方だったんです。

ところが40代を超えてから、お肌のキメや荒れがてきめんに出てきました。高い化粧品を使ってもそれほど画期的な違いを感じなくなってきたのです。そんな時に見たのが飲むコラーゲンゼリーの宣伝です。

ちょうど肌に悩んでいた時だったので良さそうだなと思って値段を見たら、初回限定でとてもお安く手に入ることになっているではありませんか。

まさに、「ワラにもすがる」と言った感じでさっそく注文しました。数日後に一箱届き、コラーゲンゼリーを食べ始めました。

するとどうでしょう。飲んだ翌日は肌が潤っている事が如実に感じられるのです。これはちょっとした驚きでした。

味が心配でしたが冷蔵庫で冷やして、夜寝る前に食べたのですが、けっこうさっぱりしている風味で食べやすかったです。

そのことを友人に話すと即効性から言うとやっぱりゼリータイプが良いとのこと。人間、素肌に自信が出て来ると性格も前向きになる様です。最近では目力(めぢから)も出てきたね等と言われる事もあります。

私のように40代に突入して基礎化粧品の効果を感じられなくなってきた方に、食べるコラーゲンはぜひおすすめしたいなと思います。

セラミドという成分の有効性

私たちの皮膚にある表皮の細胞は細胞核を失い角質層になり、下から新しい細胞ができてくると2週間ほどで剥がれ落ちます。
セラミドは細胞間脂質の半分近くを占めています。
角質層は水分の蒸発を防ぐ効果があり、ダニ、ホコリ、菌、温度変化、刺激から肌を守っていて、保湿柔軟性を維持して細胞同士をつないで整列させる働きがあります。
小麦、コメ、コンニャクなど植物から抽出されるセラミドですが、サプリメントや化粧水などにも最近では多く配合されています。
生芋こんにゃくにセラミドが含まれていると聞き、私もたまに食べるようにしています。

肌の外側なので化粧品が届きやすい部分です。
セラミドの下にはコラーゲンやエラスチンがあるので、それらを含んだ基礎化粧品を使うならセラミドも合わせて補ったほうが効果がありそうです。
このような保湿化粧水はさらっとしてべとつきません。
乾燥肌のように見えても油分は不足していなくて水分量が少ない場合があります。
自分にはどの物質が不足しているのか分かれば、セラミド配合のサプリメントや化粧水などを選ぶときに良いのにと思います。

カミソリだと黒ずみや肌荒れする方に検討してもらいたいサロンでの脱毛

ムダ毛の自己処理には専らカミソリを使うという人の中には、皮膚を傷めることで肌荒れを引き起こしたり、肌が黒ずんだりするのが悩みだと嘆く人が少なくありません。

他にも、カミソリを使ったケアを続けていると、毛が皮膚の中で成長し黒いボツボツになる埋没毛ができやすくなります。

この埋没毛は放置していても勝手になくなることもありますが、場合によっては色素沈着を引き起こしたり、炎症の悪化にって皮膚科に通わなければならない可能性もあります。

さらに、カミソリを使用したあとの保湿ケアをしっかり行わないと、肌の乾燥をひどくすることにもなるでしょう。以上のことから、カミソリを使って自分で剃るというのはなるべくしないほうが肌のためには良いのです。

それではどうするか?脱毛サロンの施術でムダ毛をなくする方法がおすすめです。サロンでの脱毛は光(フラッシュ)をあてる店舗がほとんどですが、肌に負担をかけることなく行うことが可能です。

個人差はありますが、痛みも一瞬ゴムをはじいたような感覚がする程度なので不安に感じることはありません。また、1秒間で多くのムダ毛に働きかけることができるため、両ワキなら3~5分と非常にスピーディに施術が行われるのも魅力的です。

そして何よりも、回を重ねるごとにムダ毛が気にならなくなっていくため、自己処理の煩わしさに悩む事がなくなりますよ。