ほうれい線が目立って気になるという女性の方も少なくないかと思います。
ですが実際「どの部分を差して、どんなものなの?」と聞かれると、身振り手振りで「このあたり」と答える方も多く、言葉でしっかりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。
鼻から唇の端にかけてある2本の線の事を言いますが、以前、友達に「ほうれい線ってどんなイメージがある?」と聞いてみたところ、「おばあちゃん」「嫌なシワ」などという答えが返ってきました。

確かに高齢の方に多くみられますよね。
また、ほうれい線=シワと表現されることが多いためか、若い人には嫌なイメージがついてしまっているようです。
ですが高齢の方だからあるものというわけではないのです。実は若い頃から、いやむしろ赤ちゃんの頃からあるのです。
若い頃や赤ちゃんの頃は肌が明るくピチピチであるがために目立っていないだけです。
これが歳を重ねるにつれて肌のハリがなくなり、元気がなくなっていき目立ってくるのです。
ただ、ほうれい線は予防や対策によってはケアしていくことも可能です。いつまでも日常の肌のケアを怠らないようにしましょう。